先日のスプリンターズステークスではロードカナロアがサクラバクシンオー以来19年ぶりの連覇を達成。

海外含めGⅠを5連勝で、まさ歴史的名馬として走りを見せたと思います。

スタートは他馬と五分というレベルで、出たなりの中団につける展開。
まあ予定通りの戦術だったので慌てる事はなかったでしょう。

ただ、先頭がハクサンムーンで軽快に逃げていましたし、四角のまくりは少し遅れました。
仕掛けどころでは思ったより前に迫れず岩田騎手も一瞬は焦ったんじゃないでしょうか?

しかし最後の急坂にさしかかると脚力と底力の違いを見せつけるような伸び脚で、キッチリと前を捉えて差し切りました。

ペースが速くなるのは大体見えてましたから、まあ貫禄の走りと言ってよいでしょう。

引退レースは12月の香港になるようですが、個人的にはぜひ香港マイルに勝ってもらいたいですね。
香港スプリントと香港マイルのどちらの価値が高いかは難しいところですが、安田記念の勲章を活かすには香港マイルのタイトルは非常に大きいのではないでしょうか。

以前にも書きましたが、この馬はサンデーサイレンスどころかロベルトRobertの血も入っていませんので、サンデーサイレンス系の牝馬には非常に付けやすい馬なんですね。

しかもキングマンボKingmamboの系統は産駒の距離の融通も利くし、米・欧・日と世界中で複数のGⅠ馬を出しています。
直仔も種牡馬として成功していて、しばらく勢いは衰えそうにありません。

代表例としてロードカナロアの父キングカメハメハが日本で大成功しているのはご承知の通りですが、
欧州で活躍しているキングスベストKingsbestからは凱旋門賞馬のワークフォースWorkforceや日本ダービー・天皇賞のエイシンフラッシュも出ています。

ロードカナロアも国内はおろか世界中の馬産地から注目される存在になる可能性を秘めているのです。

惜しむらくは同世代の世界最強スプリンター・ブラックキャビアとの対戦機会が無かったことですが、来年からも楽しみな馬なのは間違いありません。

9/29に中山競馬場の芝1200mで行われるGⅠ・スプリンターズステークスの枠順が確定しました。

いよいよ秋のGⅠシーズンも始まりました。

振り返れば夏競馬の予想はぴったり当たったものが無いと言えるくらいの不振ぶり。
この秋は少し当てていかないと、無料とはいえブログを披露している甲斐がないというものです。

今回のスプリンターズステークスはハクサンムーンとフォーエバーマークがやり合う雰囲気で、
まずゆるい流れにはなりそうもありません。
もう一頭でも突っかかって行くようなら相当なハイペースも覚悟すべきでしょう。

ただしロードカナロアは中団より前で追いかけて前をつぶしに行くわけですから、
後ろからえっちらおっちら追走するようでは王者の影さえ踏むことはできないと思います。

穴をあける可能性があるとすれば、中団くらいでしっかり追走して、
厳しい流れでも最後まで我慢できる様な馬に限られてくると考えてよいはずです。

◎ロードカナロア……競馬に絶対は無いとはいえ、一度叩いて斤量差もなくなり、相手をしっかり測って競馬ができる今回は条件がすべて好転するわけです。ここで◎以外の印をつけるのは相当のひねくれ者だけじゃないでしょうか?怖いのはアクシデントのみです。

○ハクサンムーン……前走は乾坤一擲。調教を見る限りはデキ落ちは無さそうで一安心ですが、さすがにお釣りがあるとも思えません。相手をロードカナロアと見れば苦戦は必至。しかし私もこの馬を一年以上応援してきた身。この馬の底力と天運に期待しています。

▲サンカルロ……2着に何が来るかわからない……こんな時こそこの馬の出番です。外枠希望でしたが今回2枠4番。3年前のスプリンターズSで3着に入った時が2枠3番。こじつけと言われればとそれまでですが、やってやれないことはない。それがサンカルロ。

△マイネルエテルネル……使いづめなのに体重は減らない。競馬内容は良くなってきた。この場面で穴をあけるのがこの血統です。
△マジンプロスパー……休み明けの一点で人気が出ていないのならおいしい馬券かもしれません。8枠に入ったこの馬はオソロシイ!
△ドリームバレンチノ……いつもの私なら切りですが、調教は良いし展開は向くし、オッズもそれなりにお得。馬券から外せません。

過去にスプリンターズステークスの連覇はサクラバクシンオーのみ。
ロードカナロアが勝って、真の最強スプリンターを名乗る日となるでしょうか?

■当ブログ推奨 最強の重賞レース予想メルマガ(無料)

まぐまぐ!殿堂入り 
無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」

函館スプリントSで、16万2,690円的中!

馬 連 ◎―△       9,040円的中!
馬 単 ◎→△    2万1,330円的中!
3連単 ◎→△→▲ 16万2,690円的中!

正真正銘!実際の予想内容は、まぐまぐのバックナンバー

9/22に中山競馬場の芝2200mで行われるGⅡ・オールカマーの枠順が確定しました。

毎年古馬の王道路線の開幕を告げるこのレースですが、まあハッキリ言ってしまうとここ数年は本番で馬券になりそうな馬って言うのが出てくることはほとんど無かったのが実情でした。

しかし今年は少し様相が違います。

実績だけで言えば今年の宝塚記念で2着に入ったダノンバラードと、昨年の有馬記念2着に入ったオーシャンブルーが出てきます。

また、武豊を背に500万下から4戦で重賞勝ちまで一足飛びに出世したメイショウナルトや、安定感をみせながらついに前走で重賞を勝ったムスカテールなどもいて、今年は馬券的にも少し面白そうなのです。

久しぶりに先の楽しみなオールカマーになりそうです。

◎ダノンバラード……この馬自体は使われて良いタイプかなと思いますが、まあ最近の順調度などで言えばこのメンバーではやはり1番良いでしょうか?ここをすんなり勝てるようならこの秋もゴールドシップに挑む一頭になってきても良さそうな馬だと思います。

○ダイワファルコン……テッポウ駆けは利くし、中山は文句無く得意。ただし13番枠より外になるといきなり成績が悪くなるという、かなり扱いが難しいのが今回のダイワファルコン。オールカマー自体は外枠もわりと馬券になってるので、北村宏騎手次第かも?

▲サトノアポロ……もともと体質の問題があってなかなか使い込めなかった馬ですが、今年に入ってついに重賞制覇で堂々たるオープン馬の仲間入り。そろそろこなれてきたし休み明けのフレッシュな状態のほうが実績馬にも通用しそう。問題は母系の距離適正か?

△アスカクリチャン……前売りで8人気?なぜこんなに人気が無いのか……馬券になっても何もおかしくない条件なんですが……?
△メイショウナルト……一気に重賞勝ちまで来てしまってさすがにお釣りが無いか?しかし復活した『豊マジック』はやっぱり怖い。
△コスモラピュタ……典型的な逃げ馬でそんな強気にはなれませんが、地味に着順を上げてきている時は買っておいてもいい馬かも。

ゴールドシップに喧嘩を売れるような馬が出てくることを期待しましょう。

それでは今週も皆さんの幸運をお祈りします。

日本時間の9/15の夜にフランスのロンシャン競馬場で行われた『ニエル賞』と『フォワ賞』で、それぞれ今年の日本ダービー馬・キズナと昨年の凱旋門賞2着馬・オルフェーヴルが見事に勝利しました。

これで本番の凱旋門賞に胸を張って出走できる状態になったといえます。

英国のブックメーカーでも凱旋門賞のオッズが1人気オルフェーヴルで4人気がキズナとなり、この時点で日本の競馬ファンにとってはもはやとてつもない状況だと言っても良いでしょう。

オルフェーヴルの『フォワ賞』は内容的にはまさに“完璧”と言える物でした。

スタートも五分に出て、先導してくれた日本馬ステラウインドの後ろでしっかり折り合える展開。
後続を引き付けて一気に突き放すレースぶりはうまく行き過ぎて怖いくらいでした。
やはり2度目の仏遠征という心の余裕も大きいのでしょうか?

前哨戦としては文句のつけようの無い勝ちっぷりで、余力を残して本番に行けるという意味でも、凱旋門賞に向けて期待が膨らむばかりです。

しかし、今回の『勝利の意義』ということでは、キズナの勝った『ニエル賞』のほうがはるかに大きな意味を持っていると言えるでしょう。

それは、わずかハナ差であっても2着に下した相手ルーラーオブザワールドRuler of the Worldが「同い年の英ダービー馬」であったということです。

日本のダービー馬がヨーロッパの舞台で英ダービー馬を負かすことの意味がお分かりになるでしょうか?

昨年は近代競馬150周年とされていましたが、そうすると今年は151年目になります。
近代競馬というのは、まず競馬発祥の地であるイギリスを手本として始められたと言われています。

競走馬の導入、競馬場の様式、コース形態、レース体系にいたるまで、日本競馬はイギリス競馬の猿真似から始まったのです。

そして151年の時を経て、欧州の舞台で日本のダービー馬が英ダービー馬を負かしたということは、ある意味では日本競馬の宿願がひとつ果たされた瞬間だったのではないかと思うのです。

もちろん本番ではどうなるか分かりません。

キズナが惨敗する可能性だってあるでしょうし、オルフェーヴルが凱旋門賞を勝ってキズナの存在が霞んでしまう可能性だってあります。

しかし、そうなったとしてもキズナのこのニエル賞の勝利は、日本競馬の歴史の大きな一ページとして語られるべきものだと私は思います。

9/15に阪神競馬場の芝1800mで行われるGⅡ・ローズステークスの枠順が確定しました。

今年は桜花賞馬アユサンが球節の故障で年内休養リタイアということで寂しくなってしまいましたが、このレースには春クラシック上位馬がこぞって参戦し、本番さながらのレベルと言ってもよさそうです。

3歳牝馬の場合は本番を見据えた駆け引きみたいなものは逆効果になることもありますから、どの馬も良いイメージで本番に臨みたい分、わりとガチンコ勝負になるんですね。

毎年言われることですが、今年も既成勢力に割って入れる馬が出てくるかどうかが最大の焦点になります。

◎メイショウマンボ……オークスで穴を開けた馬はその後尻すぼみになりがちですが、この馬はそういう前例に当てはまるような気がしません。大負けはいずれもGⅠですし、新馬勝ち、Fレビュー勝ちからもややムラッ気が大きいというだけでしょう。実力は上位。

○エバーブロッサム……個人的には秋華賞に一番向いていると考えている馬です。ただし本番に向けてはここはしっかりと馬券圏内を 確保しておきたいところ。ただ、堀厩舎は割りとトライアルであからさまに調整してくるところがあるのが不安といえば不安ですね。

▲アサクサティアラ……前走は仕掛けどころでもたついて競馬をしていない感じがありました。素材的には本番に向けても通用しそうな面白い存在です。権利取りという意味ではここはかなり全力でくるでしょうし、ホームグラウンドですんなり先行できれば面白い。

△ウインプリメーラ……馬場が渋ってくれば浮上してくるのはこの馬。一番いい時期に休養を取っていたことが成長につながるか?
△レッドオーヴァル……距離不安説には私も同意します。しかし、この舞台なら自力で十分対抗できるはず。ハマれば頭まであるか?
△ウリウリ……血統的にもここで穴を開けそうな予感がしてるんですよねー。名前はなんとなくしっくり来ないけど、馬券的にはアリ

デニムアンドルビーは勝たれたら仕方がありませんが、仕上がり、枠順、戦略など心配な点が色々と見えるので

ここは様子を見たいと思います。

それでは今週も皆さんの幸運を祈ります。

2018年12月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31