11/17に京都競馬場の芝1600mで行われるGⅠ・マイルチャンピオンシップの枠順が確定しました。

今年はずっと「マイル戦線は主役不在」と言い続けてきましたが、やはりこの期に及んでも1人気が単勝4倍台という大混戦状態。
前走2400mの京都大賞典を走ったトーセンラーが上位人気になっているんですからなにをかいわんや、ですね。

実際にマイルチャンピオンシップは時々とんでもない穴馬が突っ込んでくるレースでもあり、これほどの混戦であれば「どれが勝つのかまったく分からん」という人も多いのではないでしょうか。

今回は抜けた馬が見当たらないだけに、距離やコース適性などで各馬上位に食い込んでくる可能性も十分です。
人気の盲点になる適性を探すのも予想をする上では楽しいかもしれません。

◎ダイワマッジョーレ……地味ながら少しずつステップアップしてきた馬で、春に初重賞を取った勢いで臨んだ安田記念は壁に跳ね返され9着。しかし前走はすぐにGⅡ2着で挽回。蛯名騎手もマイルGⅠはお手のもの。このメンツなら好位抜け出しで十分勝機あり!

○ドナウブルー……去年このレースで3着してからはイマイチパッとしない印象ですが、もともとこの時期は走る馬で、京都の適性は素晴らしいものがあります。実は鞍上のビュイックは京都で最新5戦で3勝。何かを掴んだ可能性アリです。ここ激走で引退撤回か?

▲ダノンシャーク……この路線で最も安定して高レベルなのはこの馬ですが、突き抜けるものが無いのもまた事実。複勝1倍台前半なのになかなか1人気にならないのが周囲の評価を表しています。もちろん勝つチャンスは十分。覚醒した福永祐一で突き抜けるか!?

△クラレント……前走毎日王冠であのメンツ相手に0秒1差は伊達じゃない。好位勢がけん制し合うならアッと言わせる可能性も……
△サダムパテック……なぜか注目されない去年の覇者。春は海外遠征などありましたが照準はここに合わせているはず。一発の期待大
△レッドオーヴァル……桜花賞の末脚はやはり一流のもの。実績的には厳しいですが、京都マイルは合うはず。Mデムーロなら……?

トーセンラーはさすがに行き当たりばったりのような気がするのでここでは切り。武豊マジックは今回はご遠慮いただきたい。
ダークシャドウやマイネイザベルも気になりますが、今回は両馬とも調整がイマイチの気配。
こういう接戦ではそういう状態面一つで取捨選択も必要になると思います。

それでは今週も皆さんの幸運を祈ります。

2018年12月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31