10/5に京都競馬場の芝2400mで行われるGⅡ・京都大賞典の枠順が確定しました。

今年の京都大賞典はゴールドシップの秋初戦になります。

予想通りといえばそうですが、ゴールドシップ陣営はすでに天皇賞(秋)を回避して、
ジャパンカップに直行する方針を打ち出しています。

となるとゴールドシップは京都大賞典→JC→有馬記念の秋3戦ということになり、
前哨戦とはいえここは負けたくないレースでしょう。

ただしゴールドシップは展開的に苦手なパターンがあるのも分かっていて、
今回の京都大賞典はそのようなパターンにはまる可能性も小さくないと考えられます。

そのケースも考えて馬券的には伏兵を意識しておきたいレースです。

◎ゴールドシップ……最悪のパターンにはまらなければ実力自体は2枚は抜けている存在。本質的には叩き良化型とはいえ、去年の秋口からは休み明けの走りも安定しているので、印を落とすわけにはいかない馬でしょう。スローになった時の対応注目。

○アンコイルド……ここ2戦重賞で好走しているにもかかわらず、なぜか前売りでは7番人気に甘んじているこの馬。血統的にも自分の形になれば相当我慢が利くはずで穴要素は大。前半スローの2~3番手で行ければあっと言わせるかも知れませんよ。

▲アドマイヤラクティ……京都コースは得意。休み明けも走る。ただしよーいドンでは敵わない。ところが今回は前半どスローで後半ペースが上がっていくスタミナ勝負になりそうな予感。ぴったり条件が合いそうで馬券的には面白い存在になりそう。

△ニューダイナスティ……思ったより人気しているので馬券的には買いづらくなりましたが、ゆったり先行すれば粘り強い。
△トーセンラー……展開は向いてるし条件も合う。ただし、距離実績に乏しい幸騎手への乗り替わりは十分な不安材料です。
△エクスペディション……このところの戦績から当てにならないのは確かですが、人気の無い時のほうが怖いので押さえで。

ゴールドシップの弱点は前半のスローな展開から後半ペースが早くなった時、
他馬のスピードが加速している状態だと自分のマクりが効果半減になるという展開です。

自分からその展開をつぶせる方法を手に入れることができれば、
この馬の死角は相当小さくなるのは間違いありません。

まあそんなことはもちろん簡単じゃあないんですが……

それでは今週も皆さんの幸運を祈ります。

■当ブログ推奨 最強の重賞レース予想メルマガ(無料)

まぐまぐ!殿堂入り 
無料メルマガ「馬券名人養成プログラム」

函館スプリントSで、16万2,690円的中!

馬 連 ◎―△       9,040円的中!
馬 単 ◎→△    2万1,330円的中!
3連単 ◎→△→▲ 16万2,690円的中!

正真正銘!実際の予想内容は、まぐまぐのバックナンバー

2018年12月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31