先日のスプリンターズステークスではロードカナロアがサクラバクシンオー以来19年ぶりの連覇を達成。

海外含めGⅠを5連勝で、まさ歴史的名馬として走りを見せたと思います。

スタートは他馬と五分というレベルで、出たなりの中団につける展開。
まあ予定通りの戦術だったので慌てる事はなかったでしょう。

ただ、先頭がハクサンムーンで軽快に逃げていましたし、四角のまくりは少し遅れました。
仕掛けどころでは思ったより前に迫れず岩田騎手も一瞬は焦ったんじゃないでしょうか?

しかし最後の急坂にさしかかると脚力と底力の違いを見せつけるような伸び脚で、キッチリと前を捉えて差し切りました。

ペースが速くなるのは大体見えてましたから、まあ貫禄の走りと言ってよいでしょう。

引退レースは12月の香港になるようですが、個人的にはぜひ香港マイルに勝ってもらいたいですね。
香港スプリントと香港マイルのどちらの価値が高いかは難しいところですが、安田記念の勲章を活かすには香港マイルのタイトルは非常に大きいのではないでしょうか。

以前にも書きましたが、この馬はサンデーサイレンスどころかロベルトRobertの血も入っていませんので、サンデーサイレンス系の牝馬には非常に付けやすい馬なんですね。

しかもキングマンボKingmamboの系統は産駒の距離の融通も利くし、米・欧・日と世界中で複数のGⅠ馬を出しています。
直仔も種牡馬として成功していて、しばらく勢いは衰えそうにありません。

代表例としてロードカナロアの父キングカメハメハが日本で大成功しているのはご承知の通りですが、
欧州で活躍しているキングスベストKingsbestからは凱旋門賞馬のワークフォースWorkforceや日本ダービー・天皇賞のエイシンフラッシュも出ています。

ロードカナロアも国内はおろか世界中の馬産地から注目される存在になる可能性を秘めているのです。

惜しむらくは同世代の世界最強スプリンター・ブラックキャビアとの対戦機会が無かったことですが、来年からも楽しみな馬なのは間違いありません。

2018年12月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31