9/8に阪神競馬場の芝1200mで行われたセントウルステークス(GⅡ)は、2番人気のハクサンムーンがやや出負けしながらも二の脚でハナを奪うと快調に逃げ、四角から進出してきた1人気のロードカナロアをクビ差抑えて快勝。本番に弾みをつけました。3着は3人気のドリームバレンチノが確保し、馬券的には堅い決着となりました。

ハクサンムーン56kgでロードカナロアが58kgという斤量差。さらにロードカナロアが休み明けということを考えれば、まだ力量が逆転したということでは決してありませんが、それを差し引いてもこのハクサンムーンの勝利は色々な意味で大きいと思います。

ハクサンムーンがサマースプリントシリーズの優勝がかかっていたとはいえ、陣営の大目標はGⅠ制覇であることは示唆されています。
追い切りは絶好だったようですが、アイビスSD後に息抜きの短期放牧に出しているように、余力は残しているように見えました。本番を見据えた上でここで勝てたのは重要です。

また、若干にしろ出負けした中でリズムを崩さずにレースを運べたのは大きかったでしょう。
ほかに特に逃げ馬がいなかったという利があるものの、四角手前では若干息を入れる余裕があったようにも見えました。
精神面での成長も明らかで、楽しみはさらに大きくなったと言えます。

もちろんスプリンターズステークスは厳しいレースです。

もともと中山芝1200は逃げ馬に厳しいコースですし、フォーエバーマークという強い逃げ馬も出てくるでしょう。ロードカナロアも今度はハクサンムーンを目標にしてくるはずです。

しかしそれでも、ハクサンムーンを1年以上追い掛けてきた私は断言します。

この馬は予想以上に強くなっています。ただ速いだけの馬ではなくなりました。
もはや馬券的なうま味はなくなりましたが、今度は真っ向から絶対王者に勝負を挑めるところまで昇ってきたということです。

一方、ドリームバレンチノは3着を確保したものの、前2頭からは0秒6離されてしまいました。
かなり恵まれた展開にならないとここからの挽回は難しいかもしれませんね。

2018年12月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31