個人的にロードカナロアに迫る一番手はハクサンムーンです。CBC賞ではマジンプロスパーの執念に屈しましたが、次のアイビスサマーダッシュでは快速を見せつけ貫録勝ち。高松宮記念3着から特に力をつけてきたと見ます。
個人的にここ一年追いかけてきた馬が4歳秋にしていよいよ本格化と言っていいでしょう。

ハッキリ言ってスプリンターズステークスは逃げ馬不利ですし、脚質的にはロードカナロアは天敵ともいえます。しかしここまできたら天性のスピードで絶対王者をねじ伏せるシーンが是非見てみたい。
酒井騎手にも大いに期待しています。

さて、もう一頭注目馬が現れました。
条件戦から4連勝でオープンに駆け上がり、初重賞となった先日のキーンランドカップでも2着に入ったストレイトガールです。
お世辞にも一線級とは言えない相手だったとはいえ、初重賞で一番強い競馬をしたのはこの馬でした。能力の高さは疑いようがありません。
しかし、さすがに6月から月2戦ずつをこなしながら、休みなしでGⅠ挑戦はいかにも厳しいか。
馬には『旬』というものがあり、一気に格を突き抜けるタイミングというものがありますが、さすがに今回は馬の限界に近づきすぎている感も大きく、陣営にとっては大きな賭けになるかもしれません。

このように面白い馬が多いスプリント戦線に対し、スペシャリストが育っていないマイラー路線は今は端境期という見方が大勢でしょう。

安田記念でスプリンターのロードカナロアと中距離馬のショウナンマイティにおいていかれたマイラーの中では、期待できるのはダノンシャークくらいですが、これからチャンピオン級に成長するのは難しいかも。
カレンブラックヒルも復活できるかは不透明ですし、3歳世代からこの秋に大きく成長する馬がいるかどうかにかかっているかもしれませんね。

2018年12月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31