今年も早くも秋競馬の声が聞こえてくる季節。いろいろな方面で競馬界もあわただしくなってきているような感じですね。

私は夏の間諸事情で本ブログの更新もままならず反省しきりです。

秋のGⅠ戦線が開幕する前に、夏競馬のおさらいをしながら秋の有力馬をピックアップしておきたいと思います。

さて、もうひと月もしないうちにスプリンターズステークスが発走というところまで迫ってきています。
今週は短距離戦線の注目馬を見ておきましょう。

春の短距離戦線を席巻したのは何といっても王者ロードカナロア。安田記念ではマイル・中距離戦線の馬たちをねじ伏せて、文句のつけようの無い形で短距離の王者として君臨しました。

秋は来週のセントウルステークスから始動で、スプリンターズステークスを勝てば香港スプリントか香港マイルで締める形ではないかと予想されています。

仮にこれらを全部勝つようだと、後は引退して種牡馬になるかヨーロッパに殴り込みに行くかくらいしか選択肢がないようにも思われます。
負けてほしくないような、これを倒す馬が出てきて欲しいような、絶対的な王者というのはなんとも複雑な存在ですよね。

春の高松宮記念で2着に入り、いよいよ王者への挑戦権を手に入れたと思われたドリームバレンチノですが、6月の函館スプリントでタイム差は0秒2ながら7着に敗れてしまいました。
次走のセントウルステークスでは王者と再戦ということになりますが、ここで切って捨てられるようだとチャンピオンの座は遠のくばかり。実は正念場です。

その函館スプリントで勝って復活かと思わせたパドトロワでしたが、その後は2戦連続二桁着順。年齢的にも安定感は求めづらく、スプリンターズステークスで乾坤一擲なるか、というところですが、上積みは期待できないですかね。

②に続きます。

2019年6月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930