オレハマッテルゼにシャンハイという、いかにもG1からは遠く離れた血統のハナズゴール。すでに桜花賞候補ナンバーワンといわれていたジョワドヴィーヴルやシンザン記念で牡馬を負かしたジェンティルドンナを豪快に差し切ったチューリップ賞(G3)での強さをどこまで信用していいのか?

エリート血統やG1御用達厩舎が管理していない馬を応援したかったのですが、 そのハナズゴールが調教後の手入れで馬が壁を蹴ってしまい症状が悪化。桜花賞を回避することになりました。

誠に残念ですが、もし出走することができたら、桜花賞を制覇する可能性はどのくらいあったのか?について少し考えてみたいと思います。

チューリップ賞のレベル

3歳牝馬のトップグループに位置するジョワドヴィーヴルとジェンティルドンナが出走していたので、間違いなくハイレベル。ただ、その両頭ともデキがいまいちでした。

特にジェンティルドンナは熱発明けで、使うかどうかをかなり迷ったようです。出走を決めた理由の一つがローテーションの問題。予定を延ばしてフィリーズRに向かったら本番まで中3週で、それはダメージが残った場合はマイナスになると判断したためで、デキがいいから使ったのではなかったようです。

ジョワドヴィーヴルも追い切りで遅れていたように、仕上がりはイマイチだったはず。まだこの時期の牝馬は間隔をたっぷり取らないと、勝たなければならないレースでベストパフォーマンスを期待できないばかりか、将来に影響を残しかねないという考え方があるようです。

スローの追い込み馬

ハナズゴールがじっくり溜めて終いを爆発させたという見方もできます。それはスローの流れを後方で追走したからできたことです。本番で流れが速くなったら、仮に最後方で追走してもチューリップ賞よりも速いペースで追走することになります。そうなった場合に、同じような末脚を繰り出すことができるかどうかは、まだ判断できません。

まとめますが、流れ次第では良い勝負ができたように思えます。かといってゆったり流れるオークスは距離が長すぎるし、間に合うかどうか。じっくり治して立て直していただきたいと思います。

2018年12月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31