競馬予想の更新が滞っている状況について、その言い訳というか、現在の考え方について記しておきます。

競馬(馬券)は、机上の理論だけでなんとかプラス回収を実現できるという信念は変わっておりません。しかし「自力」だけでなく「他力」を上手く使うことで、もっと楽に、もっと早くプラス回収を実現できるのではないかという方向に考えをめぐらしていました。

たとえばこんな考え方。競馬情報会社の無料情報です。無料情報は単にアドレスを集めるだけの方法でたいした予想は提供されないのではないか?という見方は間違いではありません。

さいし無料情報で予想の実力、それもプロ級の予想を見せ付けて有料会員の登録に結び付けようというごくごく稀な情報会社もあって、その情報を利用するという考え方もあります。この考え方を詳しく示しているのが競馬予想会社の探し方というサイトで、その無料予想の膨大なデータを集計した結果の一部も公開されております。

また、このような実力のある競馬情報会社を探すための参考となるサイトもあります。本当に当たっているかどうかが分からない有料情報とかキャンペーン情報というものは一切信用せず、無料で公開している情報を、無料会員登録という手続きを経て各社集計して、その結果をランキングしている競馬情報会社好調度リサーチというサイトもあり参考にしております。

この業界は如何わしいものに溢れております。なのですべてが信用できない、すべてが悪徳であるという観念に囚われてしまうのは仕方ありませんが、ほとんどの競馬ファンがそのように思っているからこそ、少数の勝ち組に入れるのではないでしょうか?

12/8に阪神競馬場の芝1600mで行われるGⅠ・阪神ジェベナイルフィリーズの枠順が確定しました。

相変わらず買う馬は間違ってなくても印のつけ方がズレてる予想が多いので、自分のセンスの無さにため息も出ないくらいです。

おまけに目も当てられないくらいに苦手の2歳戦で当たる気が全くしません。

ということで今週はまた開き直って穴馬を狙って行きたいと思います。
冷静に見れば穴馬たる要素を持った馬はそれほど多くないものです。
それを拾っていけば高配当馬券を取れる確率というのは広がってくるのは間違いないので、ここもそれに賭けます。

◎クリスマス……函館2歳ステークスはロケットスタートを決めつつ番手で折り合い楽に抜け出しで能力は相当高いと見ます。問題は1600mで折り合って我慢できるかですが、その意味では前走の経験は大きい。コースも阪神の方が向き、輸送順調なら勝機アリ。

○ハープスター……牝高牡低の2歳世代の中でも世代屈指の脚力を持つことは間違いありませんが、阪神1600mで直線一気はさすがにリスクが大きい。初の右回りで進出に手間取れば苦戦は十分に考えられます。発馬五分で中団で折り合うなら圧勝劇が見られる?

▲メイショウアサツユ……全く強調点が無いようにも見えますが、前走で全く競馬にならなかったのに最後まで諦めずに走って12着ながら0秒9差に踏ん張りました。かなりの賭けなのは確かですが、好位で折り合いがつけられるならば突き抜ける可能性はあります。

△レッドリヴェール……夏は極端な条件で連勝してきましたが、力は未知数。ステイゴールド産駒の牝馬は予測不能。今回注目です。
△モズハツコイ……この時期のクロフネ産駒のオープン馬は軽視するべからず。直線で我慢比べになれば馬券圏内は十分にあります。
△トーセンシルエット……トーセン血統いいですね。江田騎手がわざわざ阪神に来たのも面白い。中団で上手く立ち回れるかがカギ。

ホウライアキコは本質はスプリンターか。初コースで坂があって大外枠はかなり心配です。
レーヴデトワールは逆にもう少し距離が欲しいし、内枠さばく器用な脚は無さそうな気が……

それでは今週もみなさんの幸運を祈ります。

12/1に阪神競馬場のダート1800mで行われるGⅠ・ジャパンカップダートの枠順が確定しました。

ジャパンカップダートは来年から中京に舞台が移されて名称も変更することが決まっていますので、この条件で王者が決められるのはおそらく最後になるでしょう。

もともと阪神ダ1800mはトリッキーなコース形態で、チャンピオンを決める舞台としては若干疑問を感じざるを得ないところはありました。
条件的にも外国馬が来るのも難しいところが大きかったので、現実的な判断でしょう。

ともあれGⅠです。
過去に実績がある馬もたくさん集まって、名前だけ見ると何を買おうか迷ってしまいます。

ただ、ダートGⅠは勢いがかなり重要視されるのは確かで、近走の成績が離れている馬はなかなか買いにくいところではあります。

馬券的に堅い傾向にあるダートGⅠで穴をあけるとすれば『密かに実力をつけている上がり馬』か、『密かに調子を取り戻してきている実績馬』となります。

自分なりにそういう馬を見つけられるかが馬券的にはカギになるでしょう。

◎エスポワールシチー……昨年の凡走が嫌われてか思ったほど人気は無し。ただコース実績もあるし1400~1600とはいえGⅠ連勝中。後藤騎手との息も合ってるし、単勝10倍ならここで買わない手はないです。しかし8歳でなお意気軒昂、ホントに頭が下がります。

○ホッコータルマエ……今一番脂がのっているのはこの馬。素直に考えれば馬券の中心で間違いありません。エスポワールシチーとどちらが前に行くかは少し駆け引きになりそうですが、他の馬に負ける気はしてないはず。幸騎手が久々の中央GⅠチャンスでどうか?

▲ワンダーアキュート……この馬も7歳ながらどんな条件でも馬券に絡んでくるしぶとさは大したものです。ホッコータルマエと真っ向勝負は骨が折れるでしょうが、武豊騎手のマジックがうまくハマれば突き抜けるかも。先行有力馬の後ろで力を溜めてまくり一発!?

△メーデイア……牝馬戦が多いので目立ってませんが、勢いは相当。芝の牝馬活躍に当てられて台頭に期待。馬券的には面白い一頭。
△ニホンピロアワーズ……一頓挫あったのでやや人気落ちですが今年も連は外してないし、休み明けは得意。体調戻ってれば有力。
△ベルシャザール……本当はもう一戦重賞勝って勢いをつけたかったところ。個人的には一線級にはまだ少し足りないかと思います。

人気の一角ローマンレジェンドは一時期の勢いには目を見張りましたが、案外もろい一面もあり今回はその形にハマりそうな気がします。迷いましたが今回は切り。

それでは今週もみなさんの幸運を祈ります。

11/24に東京競馬場の芝2400mで行われるGⅠ・ジャパンカップの枠順が確定しました。

今年のジャパンカップはジェンティルドンナ・ゴールドシップ・エイシンフラッシュの三強ムードが漂っていますが、個人的にはそれぞれ不安を抱えていると見ています。

ジェンティルドンナは今年3戦して未勝利。いずれもGⅠですし馬券にはなっているのですから悪いわけではありません。
しかしいずれも勝ち馬には離された敗戦で言わば完敗。堂々と◎を打つには大きな不安があります。

ゴールドシップは相変わらず勝ち負けがハッキリした競馬が続いています。
この馬の魅力ともいえる部分ですが、豪快な勝ちっぷりに相反した惨敗時の落胆も大きいものがあり、スロー予想の高速馬場との相性から、こちらも◎を打つにはかなりの勇気が必要です。

エイシンフラッシュもジャパンカップで見れば過去3年で掲示板に載ったことも無い負けっぷり。
あえてダービー勝ちを無視してしまうと、この舞台との相性に疑問を抱かざるを得ません。
鞍上M・デムーロも今年の秋は勝ち切れない騎乗が続いているのも不安材料です。

そう考えるとオッズ的にも三強以外に魅力のある馬を見出したいところで、期待値から考えるとその馬を馬券的な軸として考えても面白いかもしれません。

◎エイシンフラッシュ……引退レースという噂も出ている様ですが、人馬ともにここぞという時には大仕事をするタイプ。6歳にして安定感のレベルで言えば生涯最高かも知れず、直線のどん詰まりさえ無ければ三強の中では馬券的にはもっとも期待が持てる馬です。

○アンコイルド……馬券的な楽しみは唯一この馬。血統的な距離不安もスローの切れ味勝負なら心配なし。使い詰めはマイナスも前走GⅠの壁を感じさせなかったのは大きい。父はすでに欧州で大種牡馬の域にあり、底力も十分足りていると見ます。後藤騎手大復活!?

▲ジェンティルドンナ……何だかんだ馬券的な面での安定感はこのメンツでは抜群です。ただし今年本ブログで言い続けている通り、着順はともかく勝ち馬に食い下がる競馬が出来ていません。ギリギリのところでの闘争心が戻ってきていないのではないでしょうか?

△ゴールドシップ……私の心の内では主役はやはりこの馬なのですが、馬券的には展開が向かない可能性がどうにも高すぎるのです。
△トーセンジョーダン……その他で上位に通用しそうな力を秘めているといえばこの馬くらいか。調子良ければ3着くらいなら……?

ジェンティルドンナはともかく、どうもゴールドシップとエイシンフラッシュは展開の相性が合わないような気がします。つまり両方が馬券圏内に残る可能性はかなり低い、というのが私の見解です。

それでは今週も皆さんの幸運を祈ります。

11/17に京都競馬場の芝1600mで行われるGⅠ・マイルチャンピオンシップの枠順が確定しました。

今年はずっと「マイル戦線は主役不在」と言い続けてきましたが、やはりこの期に及んでも1人気が単勝4倍台という大混戦状態。
前走2400mの京都大賞典を走ったトーセンラーが上位人気になっているんですからなにをかいわんや、ですね。

実際にマイルチャンピオンシップは時々とんでもない穴馬が突っ込んでくるレースでもあり、これほどの混戦であれば「どれが勝つのかまったく分からん」という人も多いのではないでしょうか。

今回は抜けた馬が見当たらないだけに、距離やコース適性などで各馬上位に食い込んでくる可能性も十分です。
人気の盲点になる適性を探すのも予想をする上では楽しいかもしれません。

◎ダイワマッジョーレ……地味ながら少しずつステップアップしてきた馬で、春に初重賞を取った勢いで臨んだ安田記念は壁に跳ね返され9着。しかし前走はすぐにGⅡ2着で挽回。蛯名騎手もマイルGⅠはお手のもの。このメンツなら好位抜け出しで十分勝機あり!

○ドナウブルー……去年このレースで3着してからはイマイチパッとしない印象ですが、もともとこの時期は走る馬で、京都の適性は素晴らしいものがあります。実は鞍上のビュイックは京都で最新5戦で3勝。何かを掴んだ可能性アリです。ここ激走で引退撤回か?

▲ダノンシャーク……この路線で最も安定して高レベルなのはこの馬ですが、突き抜けるものが無いのもまた事実。複勝1倍台前半なのになかなか1人気にならないのが周囲の評価を表しています。もちろん勝つチャンスは十分。覚醒した福永祐一で突き抜けるか!?

△クラレント……前走毎日王冠であのメンツ相手に0秒1差は伊達じゃない。好位勢がけん制し合うならアッと言わせる可能性も……
△サダムパテック……なぜか注目されない去年の覇者。春は海外遠征などありましたが照準はここに合わせているはず。一発の期待大
△レッドオーヴァル……桜花賞の末脚はやはり一流のもの。実績的には厳しいですが、京都マイルは合うはず。Mデムーロなら……?

トーセンラーはさすがに行き当たりばったりのような気がするのでここでは切り。武豊マジックは今回はご遠慮いただきたい。
ダークシャドウやマイネイザベルも気になりますが、今回は両馬とも調整がイマイチの気配。
こういう接戦ではそういう状態面一つで取捨選択も必要になると思います。

それでは今週も皆さんの幸運を祈ります。

カレンダー

2016年5月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ